> > 消費者金融を利用して自転車操業?

消費者金融を利用して自転車操業?

自転車操業というと、お金に余裕がない為、仕入れの為に売上金のほとんどを
仕入れ金に充ててしまい、ギリギリ操業している状態です。

消費者金融で言うと、お金がないので借入をして、返済するお金がないので、
さらに借金をして返済していく感じです。
借金の返済の為に借金するという事です。

良い状態ではないという事はわかると思います。

自転車操業になるまでの話

例えば1万円借りたとします。
1万円の借入の場合、各社返済額が多少異なりますが大体、月に3000円程度の返済です。
借入額が10万円くらいまでは、3000円の返済は変わりません。
3000円の返済であれば、全く問題なく返済できるので、少し借入して返済して
と続けていると、いつの間にか当初1万円の借入だったのが気がつくと10万円になっています。
10万円の借入をしていたとしても、返済額が3000円です。

どうして返済額が変わらないの?と思うかもしれませんが、
借入額(借入残高)によって月々の最低返済額が決まっているからなのです。

なので、1万円でも10万円でも返済額が同じなので、あんまり気が付かずに増えていくのです。これがいわゆるリボ払い、リボルビング返済の恐ろしいところ。返済額が変らないからいくら借りているのか把握しずらいのです。
消費者金融を含めたキャッシングでは、ほとんどの場合がこのリボルビング返済を採用しており、このところ注目度の高い銀行カードローンについても同様です。
ただ、消費者金融の場合は銀行よりも金利の負担が大きいので、返済も長引きやすくこのような状況に陥りやすいわけです。

10万円を超えた場合は少し返済額が上がってきます。といっても5000円~6000円くらいです。
3000円を支払えていたのであれば、5000円もそんなに変わらないから大丈夫と思って
さらに借入してしまい、いつの間にか借入額が30万円に!

こういった感じで借入額が増えていき、収入の中で可能な返済可能額を超えてしまい、
返済できないので、他の消費者金融から借入してという自転車操業状態になっていくのです。

どうしたら防げるのか?

自転車操業になるとなかなか抜け出せなくなります。
なので、そういった状態にならないようにしなければいけません。

必ずこんな状況になる訳ではありませんが返済額が少なくて済むのは、
メリットでありデメリットとなり得る要素です。
少なくて済むという事は月々の返済は楽ですね。
ただし、元金に充てられる返済額は少ないです。
上記の例で言うと、借入残高10万円まで返済額が変わらないので、
10万円借りてしまうと、1万円の時よりも 元金に充当される額は少なくなります。
よって返済が長期になるというデメリットになります。

メリットであり、デメリットでもある事がわかって頂けたと思います。
返済がきつい人にとってはすごく便利なのですが、結果的に完済まで長い期間かかる可能性があり、
長期化すると、お金の管理が大変になり、さらに借金をしてしまう可能性も高くなります。

どうやって防ぐかは、借りない事が一番ですが、元金を減らす事を考えていくことで防げます。
元金が減らないと長引きます。最小返済額より多く返済する事が自転車操業を防ぐ近道です。
具体的にいえば繰り上げ返済を行うことで元金を減らすことができるわけで、最小返済額を返済したからといって安心してしまわないように心がけるべきです。

完済するまで、次の借入をしないというのも防ぐ方法の一つです。限度額までなら追加での借り入れができる点が消費者金融での借り入れのメリットではありますが、確実に現金を減らすのであれば、こういった 自己管理がとても大事と言えます。