> > キャッシングの借り換え審査は何が重視されるの?

キャッシングの借り換え審査は何が重視されるの?

キャッシングの借り換えは、通常、「より安い金利にしたい」とか
「今より少ない返済金額にしたい」という理由がほとんどです。

つまり、キャッシングしている側は「今より有利な条件で融資をして欲しい」ということです。
これは、融資をする側から言えば「現状よりも優遇した条件で融資をする」ということになります。

返済能力と信用度をチェックされる

即ち、融資をする側は、融資条件を優遇したのに返済がちゃんとされないと困るので、
返済能力をより厳密に審査して、返済能力を確認することになります。

逆に言えば、キャッシングの借り換えにおいて、返済能力が高いと判断されれば、
審査が可決になる可能性が非常に高いことになるのです。
よって、借り換えをする前の時点で、返済の遅れがあったりした場合には、
返済能力に問題があるという判断をされてしまいます。

つまり、キャッシングの借り換えを検討するのであれば、
毎月の返済期日をしっかり守った返済をする、
前倒し返済出来る時には前倒し返済をする等をし、
「良い返済実績」を残して返済能力があることを証明しておくべきです。

また、通常の借換は、A社からB社にとか、A社とB社の2社からC社へ、
という感じで他社へ借換することが一般的です。
しかし、キャッシング会社は、キャッシングという商品を
「いくつかのタイプ別に」用意しているので、A社の「Xタイプ」から、
A社の「Yタイプ」に借換することも可能なのです。
そして、例えば、A社を利用していて、良い返済実績があるのであれば、
まずはA社に対して金利や返済回数を含めた借換の相談をしてみるのも良い方法です。
A社としては、優良顧客を借換という形で他社に奪われるのは、大きな損失になります。
そこで、A社は、あらためてキャッシングの返済実績等を再確認して、
条件の良い借換や借換に準じた融資条件の見直しをしてくれることがあります。
従って、キャッシングの借換は、返済能力が大きく影響するため、
返済期日を守ったりする等が非常に重要です。