> > 消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いを考える

消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いを考える

消費者金融から借りるか、クレジットカードのキャッシング枠で借りるか。
なんとなくクレカならいいけど、消費者金融にはちょっと抵抗を感じる、
という方少なくないと思います。
こんな記事を書いている私も正直そういった感覚がないとはいえません。
ここでは両者の違いについて考えてみます。

金利面ではほぼ同等

まず金利面では、両者にほぼ違いはないといえます。
というよりむしろ消費者金融のほうが低金利となっている場合も多いです。
消費者金融でも大手業者であれば、銀行に匹敵するほど低金利で借り入れることができます。

クレカではメインとなるショッピング利用では銀行並みといったところですが、
おまけ的な位置づけのキャッシング利用では18%などの比較的高い金利であることが多いです。

審査のハードルは?

審査においては、どちらかといえばやはりクレカのほうが厳しいといっていいでしょう。
消費者金融の利用者ターゲットはクレカよりもより広く、審査には通りやすいです。

返済を延滞してしまった場合は?

どちらの場合でも、そもそも返済の遅延や延滞は厳禁ですが、
止むを得ずもしもそういった状況となってしまったら、と考えてしまうのが一般的。
その場合に一番気になるのは、非常識な催促や違法な取立て行為などがあるのでは?
といった点ではないでしょうか。

かつての消費者金融において、取立て行為があったという歴史もあります。
しかし現在では、取立て行為についてより細かな規制が法律によって決められています。
ですので、少なくとも貸金業登録をきちんと行っている業者であれば、
違法な取立て行為に及ぶ心配はないのです。

結局違いはあるのか?

一概に消費者金融と言っても、だれもが知るような大手有名業者から、
ある地域の限られた範囲でだけ営業しているというような、小規模な業者までさまざまです。

一方、クレジットカード業者は信販系や流通系などに分類されるように、
カードを用いた信用販売以外にも、業務があるわけですので、
ある程度の規模の会社であると考えられます。
これらの点からクレジットカード利用であれば、ある程度の規模の会社となるわけです。

ユーザーから見たイメージとしての信頼性という点において、
規模の大きな会社という点が大きく響いてくることを考え併せた上でまとめますと。

大手業者を利用する限り、消費者金融の審査に通りやすい面以外では、
クレジットカードとほぼ違いがないといっていいでしょう。