> > その社金をする感覚は異常値?危険察知のシグナルを考えてみた

その社金をする感覚は異常値?危険察知のシグナルを考えてみた

善悪の境界線は人それぞれで法律で問題がない範囲であれば良いじゃないかという人もいれば私のモラルの範囲を超える行為は悪だ。という人もいます。

最終的にトラブルなく返済完了するヒトの感覚

1億人もいれば意見がバラバラになるのは当然です。 お金を借りることも責任を取れれば良いと言えばいいですね。 しかし責任って返済完了することですからやはり先を見越して計画を立てなければ いけないんじゃないでしょうか。精神手的に肝が据わっていて返済を遅らせて ヤバいと思わないのは異常なんじゃないかと。

そこで思ったのが自然と浮かんでくる恐怖は 危険を察知するシグナルなのではないかと考えました。 独断と偏見の危険シグナルになりますがいくつか紹介します。。

バレずにお金を借りるのは悪?いや逆に罪悪感を感じる人は正常

こう感じたことのある方は多いのでは?お金を借りる事を誰かに隠しその行為自体に弊害がある場合を除いて誰にも知られたくない。という 気持ちは意外と正常なのではないでしょうか。 だって、俺借金1000万あるけどあと100万借りたいとか堂々と 発言している人がいたら異常ですもんね。

2社とか借りたら人生もう終わりかもしれない

危機管理としては優秀なのではないでしょうか。 実際2社から借りて人生終わるということはないと思いますが 1つの線引きとして、絶対に超えてはいけないラインを2社目の 借入と設定するのは良いことだと思います。

何があっても絶対に1カ月以内には全部返済する

この考えは言うまでもなく正しいです。お金を借りている時 ひやひやしていつもより節約してしまうとか、精神的に良いかどうかは わかりませんが、期日を決めて返済するという設定は お金を借りる、すべての人が行うべき事かと思います。