> > リボ払いって何?リボルビング払いの良い点悪い点について

リボ払いって何?リボルビング払いの良い点悪い点について

リボ払いって聞いた事ありますか?
クレジットカードを利用した事がある方であれば、1度は聞いた事があると
思います。よくわからない方もいると思うので説明しておきます。

リボ払いって何?

借入残高に応じて、あらかじめ決められた返済額を支払っていく方法です。
例えば、1万円を支払わなければいけない時に一括ではなく月々3000円ずつ支払っていく感じです。

リボ払いの良い所!

クレジットカードなどでリボ払いを使った事がある人ならわかると思うのですが、
リボ払いは月々の支払いを少なくできるというメリットがあります。
消費者金融のほとんどがリボ払いなのですが、
お金がないときに利用するわけなので、返済については
少しでも楽にできた方が良いですね。 そうした時に、返済額が大きいと返済が大変です。

消費者金融を利用して自転車操業?で最小返済額について書きましたが、
消費者金融を利用した時の返済には最小返済額が設定されています。
本当にギリギリで生活していて、今月お金が足りないからお金を借りたい!という場合など
月々3000円ぐらい返済に充てられるなら10万円くらいまで借入できます。
3000円くらいであれば、もしギリギリだとしてもどうにか返済できる額だと思います。
返済が楽になるのはリボ払いの特徴です。

リボ払いの悪い所!

反対にリボ払いの悪い所て何なのか?
リボ払いは借入残高に応じて、最小返済額が決まっています。
枠内であれば、何回でもお金の出し入れが可能なのです。
このことによって、借入したり、返済したりを繰り返すので、何に使っているかなどが
分かりにくくなるんです。最初は、何に使ってるかわかるのですが、
そのうち借入して返済すればいいやと言う風に少し、気持ちがダラダラとしてきます。
借金している感覚が薄れていくんです。
最悪の場合多重債務になったりなど、どうしようもない状態になっていく可能性もあります。

良い面、悪い面があります。
自己管理ができる人は良いのですが、できない場合間違いなく返済期間が長くなり、
支払うお金も多くなります。収入で返済できる範囲内で借入をしないと、失敗してしまいます。
リボ払いは枠内でお金を借りたり、返済したりするわけなので、何に使っているかわかりずらくなります。
最低でも何に使ったかは記録しておく事をおすすめします。

リボ払いの良い所を利用して、お金がある時はなるべく多く返済する事を頭の片隅にいれておきましょう。